憧れの海沿いで注文住宅を建てる際の注意点

憧れのライフスタイル

海ならではのリスク対策

住宅模型

海沿いに家を建てるポイントをチェック

海沿いの家は、サーファーや海好きにとって最高の立地環境と言えます。しかし、海沿いに家を建てる以上、海沿いならではのリスクも把握しておくのも大切。湘南などで、注文住宅を建てる場合、以下のことを意識してください。

塩害対策は重要

湘南と言った海沿い地域に注文住宅を建てるなら、潮風の影響は避けられません。木造での建築はともかく、丈夫そうな鉄筋コンクリートの家にしても、潮風によって劣化が早まってしまいます。業者へ塗膜材の仕様に関する相談をしておきましょう。

洗濯物を干す場所を工夫

塩害は、住宅の劣化を早めるだけでなく、洗濯物にも影響を及ぼします。日差しの力でさらっと乾かすために、設計段階でサンルームを設けることも相談しておくのも大切です。サンルームは、洗濯物だけでなく観葉植物を置く場所としても機能してくれます。

風や湿気対策の重要性

海沿いは、風の影響をもろに受けやすいのが特徴。また、湿気もほかの場所よりも高めなのです。湿気対策は、通気性を良くする工法で、台風などの強風対策は極力窓を狭く作るのがおすすめ。海の様子を常にみるために広めの窓を設置するなら、防犯性の高い強化ガラスを用いるのが望ましいです。

土地の標高を要チェック

海沿いは、津波の影響をもろに受けやすい宿命を背負っています。東日本大震災の教訓を頭に入れて、土地の標高も事前にチェックしておきましょう。津波発生時は、走って避難しやすい場所を選べば、安心して過ごせるのは確かです。